収入を読む

レントロールの記載される事項は主に、何かしらの金額の数値であると言えます。最重要と言えるのがやはり家賃についてのデータです。これについては以前の記事で書きましたが、現況賃料と想定家賃とが記載されていることが多いです。

ではこうした賃料に関するもの以外には、どのような金額が記されているでしょうか。

収入から見ていきます。光熱費や水道代に関して、オーナーが一括で支払い、個々の入居者から徴収する、という形式を採用している物件は多くあります。そしてこの徴収される個々の水道光熱費は、オーナーにとって収入となります。先払いした一括使用料金を置いておいて、入居者から徴収される金銭には変わりありません。そこで、こういった金銭を、賃料のうちに加算するという方法がとられることがあります。もし賃料を純粋な家賃と捉えて、この水道代や光熱費をさらに収支計算に投入してしまうと、大きく結果が異なってきます。もちろん、実際より多くの収入を想定してしまっているので、マイナス面に働くと思って良いでしょう。

このように、収入には違いないが独立して表記されずに家賃に加算されている細かな収入がないか、ということを明確に把握しておきましょう。

住居以外の設備・機能についての使用量というものが考えられます。駐車場、自動販売機、インターネット回線、ケーブルテレビ、看板広告など、無数の要素があります。この中で消費者として入居者を対象としているものに関して、入居者がそれぞれ個別に支払っているのか、オーナーが一括して管理を行なっているか、ということを調べる必要があるでしょう。そしてさらに、レントロールにそれは記載されているか、いないとすれば現況賃料に加算されていないか、これも確実に知っておきたい情報です。