入居者属性

  • 入居者属性

これは、入居者がどのような人物であるか、という特徴を示すものです。性別や年齢、個人・法人の区別など、分類は多岐にわたります。

賃貸物件管理会社の協会の区分を参考して、属性ごとの特徴を見てみましょう。

一般ファミリーに区分される入居者は、就学児がいる場合は卒業まで引越しをしないことが多く、多人数のため転居のコストも高いので、それなりに長い契約が見込まれる傾向があります。

高齢者もまた、入居年数が長くなる傾向にあります。転居自体が高齢になる程、大きな負担になります。また世代の違いとして、地域に根付いて関係性を築きながら生活することを好むのが高齢者の傾向としてあり、あまり引越しを好まないとあくまで一般的には、言えるようです。

管理会社の協会の調査では、一般ファミリー層は四年以上にわたる入居が70%を超えており、高齢者では90%に及んでいます。

対して、学生と一般単身者という区分において、60%以上が四年以内に退去を行っています。

また社会的な意味での人格、個人と法人の違いも注意が必要です。同一法人が複数の部屋に入居しているような場合、撤退するタイミングは同一である可能性が非常に高くなります。法人が入居していることのメリットとして、金融機関によっては、融資の可否の判断の材料として、法人の入居率を採用することがあります。また、事業用の物件の場合、業種によって求められる物件特性が異なっているため、同条件をクリアする物件探しが困難であり、一度落ち着いた物件から退去する際には、リスク、コストを算出した上で決定をするため、個人の入居者よりも腰が落ち着いている可能性が高くなるようです。